CATEGORY:旅日記

2018年04月14日

欧州へ2

最初の目的地、スロヴァキアの首都ブラチスラバへは

・関空(ルフトハンザ)
   ↓12時間
・フランクフルト(ルフトハンザ)
   ↓1時間ちょい
・ウィーン(高速バス)
   ↓1時間前後
・ブラチスラバ

という行程で、合計14時間近くを要します。

↑関空より、フランクフルトを目指して出発。


↑上空およそ1万メートルより。地上は極寒です。


↑フランクフルト着。トランジットをやり過ごしたのち、双発機でウィーンへ。


↑さらにウィーンから高速バスに乗り、目的地であるブラチスラバへ。乗車賃はたったの5ユーロ也。


↑国境を越えますが、ウィーンとスロヴァキアの首都ブラチスラバは全然遠くなく、高速バスで1時間前後で到着します。
ローカルですみませんが、セカンド木村が住む倉敷市から津山市に行く感じです。


↑首都ブラチスラバに到着。最初に撮った一枚です。旧市街地の広場。趣はあります。


↑この大広場には日本大使館があります。初入国時はこの日の丸を見ると何となく安心できますね。


↑到着して最初の夕食。とにかく肉の量が多く、大食漢には嬉しい。


↑翌日、まずはこの町の象徴であるブラチスラバ城へ。


↑ブラチスラバ城へは旧市街地からですと徒歩圏内です。階段と坂道をひたすら登ります。↓



↑入城。


↑下を見渡すとドナウ川が見えます。右が上流でオーストリアへ続きます。『美しく青きドナウ』のドナウ川です。


↑城内に入るとこんな感じ。


↑観光用に最近リフォームされたようだ。


↑急勾配の階段を何度か登ると・・・


↑最上階へ到着します。もう脚がガクガクです。


↑城下を眺めます。


↑誇らしげに国旗が翻ります。


↑城内の壁にあった「1935」と刻まれた数字。何か意味あり気です。


↑城を出て、再び旧市街地を眺めると、かつては城塞であったろう建造物が・・・しかし整備が行き届いておらず、ボロボロです。


↑道路を挟んだ反対側から同じ建物を観るとこんな感じ。崩落の危険性があるためか、立ち入り禁止です。オバケが出てきそうです(笑)


次回は武器博物館とデヴィーン城を紹介します。

でくの房@セカンド木村




同じカテゴリー(旅日記)の記事画像
欧州へ5
欧州へ3
欧州へ
北海道はでっかいど~
涼を求めて・・・。
同じカテゴリー(旅日記)の記事
 欧州へ5 (2018-04-26 22:03)
 欧州へ3 (2018-04-15 21:37)
 欧州へ (2018-04-13 23:07)
 北海道はでっかいど~ (2015-08-28 20:17)
 涼を求めて・・・。 (2013-08-11 00:02)

Posted by でくの房  at 23:39 │Comments(0)旅日記

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。